第1回例会(通算44回) 平成22年7月5日(月)

━━━━━━━━━━━━━
第1回例会(通算第44回)
2010年7月5日 19:00~20:30
━━━━━━━━━━━━━
出席者:味戸特別代表 鈴木会長 チンタカ幹事 和田SAA
吉田 角田 善方 脇谷 チンタカ 大寺 皆川 西川 石井 三條 脇谷 宗田 山田 小沼 人見
――――――――――――――

■吉田会長から鈴木会長へ引継ぎ
プレジデントのタスキが吉田前会長より鈴木新会長へ、角田前幹事からチンタカ新幹事へそれぞれタスキの伝達が行われました。

==============

■■会長あいさつ■■
鈴木会長

吉田会長、角田幹事、本当にありがとうございました。1年目のお二人の役職がどれほど激務であったか、理解していたつもりですが、実は計り知れないご苦労があったことと思います。グローバルロータリークラブの初年度のご苦労に心より感謝し、2年目へとバトンを受け取りました。精一杯頑張りたいと思います。皆さんよろしくお願いいたします。
皆さん、大変ご無沙汰いたしました。留守中大変お世話になりました。無事モントリオールのロータリー国際会議に出席し、かえって参りました。これについては、何回かに分けて、皆さんにご報告したいと思います。おみやげは、大会のDVDです。注文してきましたので、近いうち届くと思います。主なスピーチやすばらしいプレゼンテーションが記録されたものです。お楽しみに!
一つだけ皆さんに伝えたいこと、この大会に参加して本当によかったということ、自分一人でこの経験をするのはもったいなかった、みんなとこの経験を共有したかったということです。来年は、是非アメリカ、ルイジアナ州ニューオリンズで5月21日から25日に行われる国際大会に「みんなで行こう!」と強く思っています。今から行くことを決意し、その準備を始めれば必ず実現できます。「念いは実現する」という法則がありますから。参加するときっと皆さんの世界が変わると思います。そして何よりも、ロータリーの歴史や他の国々の活動を知り、世界中のロータリアンに出会うことにより、ロータリアンであることに誇りを持ち、ロータリーのすばらしさに感動することまちがいありません。それを、大切なこのクラブのメンバーと共有したいというのが私の気持ちです。よろしくお願いいたします。

【今年度活動方針】

≪国際ロータリーテーマ≫
地域を育み、大陸をつなぐ

≪2530地区テーマ≫
入て学び、出でて奉仕

≪福島グローバルロータリークラブテーマ≫
クリエイティブパワーを発揮しロータリーの理想実現のために行動しよう。

≪人事≫
委員会は今までの4大奉仕委員会から新世代委員会が新設されました。
原則的には前年度の人事を引き継いでいますが、何名か移動があります。

新年度活動方針の詳細については資料をご覧ください。

==============

■■チンタカ新幹事より■■

年間活動計画(資料参照)

毎回20分ほどのコミュニケーションタイムを設け、お互いにまだ知り得ない部分が多いのでできるだけ長くコミュニケーションをとろうと思います。

月に1階のペースで各エリアへの移動例会を企画しています。須賀川、福島、会津への移動例会を行ないます。

できるだけ一人が学んだことを全員に話す機会を設け、ロータリーというものはどういう事か、みなさんが理解できるのではないかと考えています。
新しい発想をもった新形態のクラブとして、新しいことをするのは簡単なことではありません。
新世代委員会では出前授業を行なったり、地域に密着しながら他クラブと連携して新しい試みを行っていきたい。

ロータリー財団月間には奨学生を招き、卓話をいただくなど企画しております。

地域で活躍するようなロータリアンの活動を例会の出席としてカウントできないか?と、会長と相談しています。(他のクラブの奉仕事業に参加してメーキャップとする)

エコの視点からも今後は紙資源保護・節約のためペ-パーでプログラムを配らずにメーリングリストでプログラムを配信します。

例会のネット化。ネットでの例会を開催してみたい。今年度には必ず1回は実現したい。
各地域の移動時間による制約が無くなるので会員の増強も考えられます。2ヶ月に1回、もしくは月に1回程度の定例化を計画しています。

7月31日にはコンサートがありますのでこの企画に参加することによって出席とみなすように計画しています。

==============

■■ゲストスピーチ■■

味戸特別代表

今日は16名の出席です。
非常に感動しております。昨年の設立総会では12名だった。
吉田会長、角田幹事には大変頑張っていただき今クラブの地盤を作っていただいた。
移動が大変で果たして会が続くのか心配だったが、会員のレベルが高いクラブが出来上がった。

なぜ例会に来るのか。会員の多くが「友達に会うのが楽しい」という。
ポールハリスもロータリーを作った理由は「寂しかったから」。ロータリーの生まれた情熱と同じである。
このクラブは非常に雰囲気が良い。楽しんで活動している。

会長は順番が回ってくる。理事会を通して協力を得るということ。
全員が力をあわせて支えあうことによって会の円滑な運営が生まれる。学ぶということと実行するということ。
特に組織。まだみなさんは理解できないと思いますが、まずは基本を踏み外さないように。

RCは3年ごとに組織が変更される。特に今回大きく変わったのがeクラブである。NETベースの例会であり、年会費は3万程度。WEBにアクセスすることにより出席となる。対象エリアは全世界である。世界中のロータリアンが参加している。ただ、現時点ではいろいろと制約もある。

モントリオール大会に参加してきました。鈴木会長とは残念ながら現地では会うことができなかった。

ロータリーの活動は委員会活動である。実際は委員長が行なう。
特に今年はRI会長の方針に沿った活動が、社会奉仕(地域を育み)と国際奉仕(大陸をつなぐ)が鍵となる。
マンパサンとの交流は国際奉仕委員会で活動してほしい。

当クラブは日本全体からも注目を受けている。
自信と誇りをもって今年1年の活動をよろしくお願いします。

■■コミュニケーションタイム■■

鈴木会長
次回からはコミュニケーションタイムは多くとりたい。
今回は時間が足りないため一人一言ずつおねがいします。

・新年度の計画書と前年度報告書、チャーターナイトの報告書も作成しなければいけない。
 印鑑、通帳などを鈴木会長へお渡しします。お金もお渡ししました。
 心もお渡ししましたのでよろしく御願したします。(吉田)

・チョコレートごちそうさまでした。
 世界大会の話を聞かせていただきたいと思います。(小沼)

・小宮パストガバナーが例会に参加したいというおはなしをいただきました。(角田)

・チャーターナイトの収支報告書が出来ました。記念植樹も含めました。まだ3名が未納です。
 かろうじて黒字となりました。(三條)

・会計監査として間違いない数字でございます。
今後はロータリー財団委員会、ご指導よろしくお願いいたします。(宗田)

・味戸裕次郎須賀川RC会長からスマイルをいただいております。
 会員の名簿がほしい。立派な手帳を作っているところもある。名簿がないと横の連絡が取りにくい。委員会の、または会員の話し合いができない。
 ネット上で発言できる、ディスカッションできる仕組みを提供していただきたい。(西川)

・カナダのチョコレートはおいしい!国際大会のおはなしを楽しみにしています。
 活動計画を見ると楽しみです。(人見)

・会報委員のおはなしを前日いただいて驚いておりますが、
 山田、小沼両氏にご指導、ご協力を仰いで会報の発行を行ないたいと思います。(善方)

・今年もよろしくお願いします。
 オンライン推進同好会を立ち上げたいと思います。参加者募集します。(大寺)

・チャーターナイトの前からなくなっていた会員のスピーチが復活できてうれしく思います。(脇谷)

・今年も宜しくお願いします。ロータリーの活動について勉強していきたい。(石井)

・今年もSAAです。また前の席でございます。皆様にまた顔を見ていただきたいと思います。
 よろしくお願いします。(和田)

==============

--------------
■今後の予定■
7月12日(月)例会・ガバナー補佐訪問
7月19日(月)海の日休会
7月26日(月)移動例会、コラッセふくしま「きいちご」
7月31日(土)開成山大神宮杜のコンサート例会
8月2日(月)7月31日の振替で休会
--------------